SEHIROオリーブオイル生産プロジェクト

美味しさです。

食べものの質を見極めるためには、間違いなく味と香りが重要となります。

体に良いという観点からどれほど栄養価が豊富であっても、

香りと味のしない食べものを口にしたいと思う人はいないでしょう。


オリーブオイルに含まれる揮発性香り成分の生成メカニズム

オリーブオイルの他のオイルと異なる特徴のひとつが、香りです。

これは、オリーブオイルに含まれる、ごく低濃度の揮発性香り成分によるものです。

揮発性香り成分は、オイルの中の様々な酵素が、オイルの遺伝的制御の下に酸化することで生成されます。

脂肪酸は、生成された後、リポキシゲナーゼの働きによってヒドロペルオキシド類に分解されます。

 

ヘキシルアセテート:果実味、スパイス、甘み、青み、林檎、草

CIS-3-ヘキセニルアセテート:バナナ、果実味、青み、刈りたての草、バナナの皮

オリーブオイルに含まれるヘキシルアセテートが、甘い果実のような香りの元となっています。


SHIROオリーブオイルは、美味しさプロジェクトです。

世界のオリーブとオリーブオイル97%は地中海沿岸の国で生産されています。

これらの中で最も際立っている国が、トルコです。

トルコは近年、世界中で消費量が増えているオリーブオイルの生産量を大幅に増やすことに成功しました。

国連の下部組織である国際オリーブ評議会の報告によれば、2016年から2017年にかけてオリーブオイルの生産量が増加した唯一の国が、トルコでした。

トルコには、気候条件や地理的立地、土地の質などから、オリーブ生産に極めて好都合な農地があります。



なぜ早摘み、コールドプレス製法か?

オリーブの木は長寿の象徴であり、その寿命は300~400年です。オリーブの実に含まれる細胞再生抗酸化物質はフェノール化合物又はポリフェノールと呼ばれています。


なぜ早摘みか?

グリーンオリーブの早摘み収穫により、エキストラバージンオリーブオイルはフルーティ、ビターテイスト、バターの香り、草の香り、ピリッとした舌ざわりになります。

早摘みオリーブオイルはクロロフィル含有量が高く、ポリフェノールが豊富です。また、抗炎症作用と抗酸化作用のあるオレオカンタールの濃度も高くなっています。SEHIROの早摘みオリーブオイルには344,46ml/kgのポリフェノールが含まれています。


なぜコールドプレス製法か?

コールドプレス製法/抽出法とは、室温と同等の約27℃の温度でオリーブを粉砕することを言います。熱はオリーブオイルに含まれるフェノール化合物の大敵の一つであるため、コールドプレス製法は不可欠です。

ペースト状になったオリーブの温度が27℃を超えるとポリフェノールと含有物が蒸発を始めます。私たちは、すべての含有物をオリーブオイルの中に保つために、最大温度22℃~25℃で処理します。


貯 蔵

・貯蔵タンクには、長い期間、オリーブオイルを新鮮に保つために、酸素との接触を避けるために、特殊なメカニズムが完備されています。

・ステンレス鋼タンクは17℃~18℃の温度に保たれます。

・日光に当たることと、酸素に触れることを最小限に抑えるために、ダークカラーボトルを使用しています。